アンティーク家具を利用する際のメリットとデメリット

アンティーク家具を部屋に置くと、それだけで空間に異国のムードが出てます。加えて、来客用にも恥ずかしくない体を保てるためか、近年ブームになってきています。昔からアンティーク家具が好きだった方も、更に入手しやすい環境が整ってきました。しかし、実際に利用してみると、意外なメリットとデメリットがあることに気がつくものなのです。アンティーク家具を実際に使う際の利点と欠点をきちんと理解した上で、利用していきたいものです。

まずはデメリットから確認していきましょう。アンティーク家具は、その名の通り現代の技術では作られていません。よって、アンティークの椅子や机などは現代人が、例えば作業用として長期間座るようにできていない場合があります。肩こりや腰痛、お尻に痛みを感じる場合もあるでしょう。これは、海外の人間の体長を考慮して作られた点も理由になるでしょう。高さと低さの調整も、専門の業者に依頼できるので、ご自身に最適な大きさを追求してみましょう。

そして、本棚やチェストなどは、日本の製品を収納するのに最適でない場合があります。工夫で乗り切れる場合もあるでしょうが、特に本棚は隙間が出てしまうことがあるのです。お店で見ると丁度いい具合にレイアウトされているので気がつきませんが、実際に使用してみると気がつくはずです。収納したいと予定している製品の大きさも事前に把握するのが良いと言えます。

もちろん、メリットも多く存在します。日本家屋にも言えることですが、使えば使う程手油が付いて、いわゆる「味わいのある質感」が出るようになるのです。言い換えれば、長年使えて見た目も維持・向上されるということです。費用対効果で考えてみてもお得である場合があるのが大きなメリットであると言えます。全く同じ家具でも雰囲気が違えば、知り合いの家庭に置いてあっても、全く別の雰囲気を醸し出す事もできるのです。

また、アンティーク調の部屋で統一しなくとも、デザインを学んだ方やセレブの方は、彫刻の具合やマークなどで「この家はこだわっているな」との評価をもらうことができます。事実、オシャレな空間や大人っぽい空間を作りたいがために、部分的に採用している方が多くいるのです。高級感も出ますので、ホームパーティなどを開催しても品が出るのでるでしょう。これらのメリットを活かし、またデメリットは対象法を把握して使用するのがアンティーク家具の魅力を引き出す有効な手段なのです。